にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

まりも🍎こどものせかい

子育てや保育について悩んでいる人たちを救いたいと思い保育士をしながら心理学を学んでいます😊学んだことを紹介していきますのでぜひご覧ください!応援よろしくお願いします🍎#保育士11年目#二児の父🤡

発表会ってなに?

f:id:marimo08050410:20200213120056j:image

 

どぉーも、おはこんばんにちは!

まりもです。

保育士やりながら絵描いたりしてる人です。

 

発表会のシーズンだけど、みんなはどんな発表会をしてるかなー。

発表会のイメージはきっと可愛い衣装を着てる子どもたちが劇をしたり歌を歌ったりしてたくさん練習をして発表をする。

って感じだと思うけど、どお?

確かにそんな発表会だと見ている人たちは楽しいし見応えを感じて満足するかと思う。

ただひとつ考えないといけないのは、やってる子どもたちはどうだろう?っていうこと。

中には楽しくやってる子もいるかもしれない。

だけど、イヤイヤながらやっている子たちがほとんどだ。

2ヶ月くらい毎日続く発表会の練習。

最初のうちはきっと「嫌だなー」とか思ってるかもしれないけど、次第にその気持ちにすらならなくなって無感情で作業をこなすようになる。

嫌なら言えたらいいけど、そんなこと言ったら迫害されるからね。

自分の身を守るためにそんなことはしないよね。

標的にされたら最後、レッテルを貼られて一生付き合っていくしかなくなる。

 

可哀想だけどそんな発表会がほとんどなんじゃないかな。

発表会のための子どもたちの日常。

発表会のための活動。

サーカスの動物や日光猿軍団じゃないんだから見せ物なんかにしたくないって思っているよ。

 

それじゃ発表会ってなんなの?

って言われたら僕はこう答えるよ。

"自分を表現して自信を持つ場"

自分は自分でいいんだ!って自分を肯定できる絶好のチャンスだと思っている。

だから発表の内容は実に簡単。

その子の好きなことを発表する。

 

例えば毎日けん玉やってる子はけん玉を披露すればいい。

お手玉でもいい。

鍵盤ハーモニカやチラシでの剣作りだって構わない。

要はその子の好きを大人に認めてもらうんだ。

そうすることで、自分自身のことを認めることができて「僕は僕でいいんだ」って思うことができる。

幼児期に育ってもらいたいところってそこなんじゃないかな。

僕はそう思っている。

だから、僕の周りではサーカスみたいな真似は絶対させない。

笑顔で発表会を迎えられることをいつも願っているよ。

 

僕と同じ考えの人はどれくらいいるんだろうか。

子どもの未来を見据えた保育。

みんなでやっていこう。