にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

まりも🍎こどものせかい

子育てや保育について悩んでいる人たちを救いたいと思い保育士をしながら心理学を学んでいます😊学んだことを紹介していきますのでぜひご覧ください!応援よろしくお願いします🍎#保育士11年目#二児の父🤡

毒親を持つ子どもがとる行動

f:id:marimo08050410:20200204082904j:image

どーも、おはこんばんにちは!まりもです。

タイトルにある通り、毒親を持つ子どもがとる行動。前回からの続き。

 

前回は、毒親ってあふれる企業のうちだす広告のキャッチフレーズを正しい子育て情報と勘違いして実践してしまってるってことだった。

 

今回はそんな勘違いしてる毒親を持つ子どもの話。

毒親に育てられた子どもの特徴は3つあるそうだ。

・感情が出せない

・自分の考えが出せない

・他人の目が気になる

うん。ロボットみたいだな。

他人の言うことをなんでも聞くロボット。

人生面白くもなんともなくなっちゃう。

そんな大人にならないように、ぼくたち大人、保育士たちは気をつけていかないといけないよね。

っていうふうに僕は今までトラウマっていうものがあるものだと思っていた。

 

だけど、心理学者のアドラーはこんなこと言ってたみたい。

トラウマは存在しない

どう行動するかは自分次第だ

だって。ざっくりとまとめたけども。

要は自分が行動できない原因を毒親に育てられたから!というものにしている。

そして行動できない自分を変えることができるのは自分自身だ。

といってるみたい。

うん。衝撃だよね。小さい頃の育ちはその後の姿に影響すると思っていた保育士としては衝撃すぎてまいったよね。

だけど、自分自身のことに関しては僕の考えと似てる部分があるって思ったんだー。

僕は小さい頃、父親と兄にいじめられてた。

遊んでいても、家にいても、生活のほとんどが苦痛だった。

本人たちは悪気はなくからかっているつもりだったみたいだけど、そんなことは関係ない。

自分としては最悪な環境だった。

一番酷かったのは小学生の時期だった。

だから、小学生の頃から僕は家族とは一緒に住まなくなるなと思っていた。

「寂しいこと言うねー」

とか冗談っぽく言われていたけど、僕としては本気だった。

 

大人になり就職して家を出た。

僕はすぐに大好きな人が現れてすぐに結婚した。

家族を持つことは嫌じゃなかった。

むしろ、僕は弱い存在を守りたいと思う性質持ってたから子どもも大好きで円満な家庭を築きたいって思ってたの。

だから今はすごい幸せ。

自分の意思で人生を進んでいるからね。

 

トラウマは存在しないとか、毒親を持っているからとか、当の本人さんの話を実際に聞いていたわけではないけど一番大切なのは"今どうするか"だと感じた。

洗脳されていたら、今どうするかなんて考えることもできないけど、もしも少しでもスマホをいじる時間があるのなら、いろんな情報を取り入れて"今どうするか"を考えて行動に移せるといいな。

 

あなたの人生はあなたのものだよ。

好きに自由に生きよう。

自由になる勇気さえあればいつでもなれるからね。