にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

まりも🍎こどものせかい

子育てや保育について悩んでいる人たちを救いたいと思い保育士をしながら心理学を学んでいます😊学んだことを紹介していきますのでぜひご覧ください!応援よろしくお願いします🍎#保育士11年目#二児の父🤡

「返事だけ!ダラダラしてる!」子どもにイライラするのは危険なサイン?心を楽にする3つの行動

f:id:marimo08050410:20191217084754j:plain


親
「ねー学校の準備したのー」

子「うーん」

親「本当に!?…ちょっと!!全然準備できてないじゃない!!」

子「うーん」

親「今日ある授業の教科書も入っていないし!体操着も準備してないじゃない!」

子「うーん」

親「もー!!しっかりしてよね!!」

子「…。」

親「返事は!!?」

子「…うん」

親「はー…なんでうちの子って全然私の言ってること理解してくれないのかしら…。」

 

こんなやりとりを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。何回も同じことを言っていても次の日には同じ間違いをしたり、忘れて全然準備をしようとしないなど毎日こんなやりとりをしていたらウンザリしてしまいますよね。

親としては「怒らないように!」と気をつけていたとしても、子どものだらしなさや失敗が嫌になり、ついつい大きな声をあげてしまうものです。

「耳が悪いの?」「頭大丈夫?」「うちの子ばかなの!?」と心配になり、怒りを通しこして悲しくなったり心配になったりしてしまいます。

しかし、この「言っても理解してくれない」という思いは、親の複雑化した思考が原因になっていると私は考えています。考えの一つとしてお読みください。

 

①複雑化

・正しい生活を送らせないといけないと思っている

子どもの生活の仕方を親の責任だと思い、親の思う理想の生活の仕方を子どもに教えようとしています。その教えを聞いてくれなかったり、実行してくれなかったりすることで苛立ちを感じています。

 

・親の言うことを完璧にこなすことが優秀だと思っている

親の言うことを一つ一つ理解して実行することができる子が優秀だと感じ、親の言うことを聞かない子を馬鹿だと思っています。素直で優秀な子だったらいいのになと望んでしまっている。

 

・子どもの人生と親の人生の境界線が分からなくなっている

子どもが苦労しないように、子どもが失敗しないように、子どもが怒られないように、子どもが悲しまないようにとネガティブな経験を予測し、子どもから退けようとしてしまっている。

 

●これらの複雑化した思考をシンプル化することで子どもの行動に対して楽に考えることができます。

 

②思考のシンプル化

・正しい生活を送らせないといけないと思っている

↓

・やるべきことをやらないで困るのは子ども本人

正しい行動をとらせたいと思うあまりに子どもに対して理想とされる行動を必死に伝えようとします。しかし、子どもは全然聞いていなかったり重要だと思っていなく、親が空回りしているだけです。その親の思う”理想の行動”を子どもがやらなかったらどうなるか?と声をかける前に考えてみましょう。

 

・親の言うことを完璧にこなすことが優秀だと思っている

↓

・頭が悪いのは子ども、親の責任は特にない

親が言うことに対して子どもが理解しなかったとしても気にする必要はありません。親子と言っても別の人間です。理解しないことに対して親が悲しみ心配して、声をたくさんかけて理解させようとして空回りをする。これでは悪循環です。「困るのは本人だな」「まーいっか」と心の中で唱えてみましょう。

 

・子どもの人生と親の人生の境界線が分からなくなっている

↓

・子どもに干渉せず、親自身の生活や行動に集中する

子どもの行動や人生が気になり、自分の人生について考えていないケースが多いです。子どもに集中するのではなく、自分の生活や行動の仕方を見つめ直して向上を目指す。そうすることで、子どもの行動が客観的に感じるようになります。

 

③行動のシンプル化

・やるべきことをやらないで困るのは子ども本人

→やるべきこと、困ることを書き出す

1、自分が子どものどんな行動を気にするのか

2、その行動に対する理想の行動

3、”その理想の行動”をしなかったとしたら子どもはどんな経験をするのか

を書き出してみてください。最初に紹介したケースである学校の準備で例えてみましょう。

例:1

1、教科書の準備をしていなかった

2、授業で使う教科書を準備する

3、忘れてしまったら、先生に怒られてから友だちに見せてもらう

 

例:2

1、体操着を準備していなかった

2、体育のある日や洗濯をした次の日は体操着を持っていく

3、体操着を忘れたら、先生に怒られ普段着のまま参加するか、見学になる

 

どうでしょうか?この3番というのは”あなたが声をかけないことで起こるかもしれない出来事”です。意外になんとかなることであったり、子どもが3番を経験することで「次は気をつけなくちゃ」と思うかもしれない出来事になります。

子どもにとっては親が声をかけて退けてきた出来事が実は大切な経験になる可能性にあるとわかると、理解してもらえずイライラしていること自体がもったいないと思いませんか?

 

・頭が悪いのは子ども、親の責任は特にない

→声をかける回数、子どもが何回目の声かけで理解したかを数える

「何回言っても理解してくれない!」と思っているのですが実際に「何回声をかけたんだろう?」と思い自分の声かけの回数を数えたことはありますか?

びっくりすることに実は1回目や2回目あたりから「何回言ったらわかるの!」と大きな声を出していることがあるのです。以前、私自身で実験してみたのですが、なんと2回目で「何回言ったらわかるんだ?」と声をかけた事があったのです。

また、声かけの回数を数えていると「ん?今日は3回目の声かけで行動したな!昨日は5回目だったのに!」という事が実はあります。少しずつでも子どもは生活が習慣化されてきているはずです。子どもの小さな変化や成長を見つけられるように、声かけの回数を数えてみてください。

 

・子どもに干渉せず、親自身の生活や行動に集中する

→自分の生活のルーティーンを決める

親が自分自身の生活のルーティーンを決めてその通りに実行してみよう!「次はあれをやって、これをやって」と時間単位でたくさんのことを行っていると、なんとも言えない充実感を味わう事ができます。

 

ちなみに私の朝のルーティーンをご紹介します(興味ない方はスルーしてください笑)

1、朝目覚めたら”はたらくくるま”の音楽を流し息子を目覚めさせる

(うちの息子はこの音楽だと目を開ける。目を開けたらもう放置)

2、クローゼットにいき、鏡の前で裸になり気合いをいれる

3、前の日に準備していた服にノー思考で着替える

(3セットをローテーションで着ている。そしてそれの影響か息子も寝る前に着る服の準備をするようになった)

4、洗面所に行きうがいを念入りにする

(この年になると口の中が気持ち悪い)

5、布団を畳んだりトイレに行ってTwitterの更新

6、朝食を5分でとる

7、糸楊枝、歯間ブラシ、歯ブラシをノー思考で実行

(最近スピードが上がってきました)

8、ブログの構成を考える

9、洗濯物を干す

(これは保育園の勤務が遅番の時限定)

10、職場へ出発

 

こんな朝をもう半年繰り返しています。この朝のルーティーンができてから、子どもたちの行動が気にならなくなり「もっとたくさんのことができるにはどうやったらいいか?」と自分自身の向上を目指すようになりました。

次は寝る時間を早め、早起きして朝のウォーキングはできないか?と計画中でございますが、今のところ睡魔に負けてしまっております!

 

④子どもの行動は気になるもの

どうしても子どもは可愛くて、大好きで気になってしまう存在であります。なのでついつい声をかけすぎて、聞いてもらえなくてイライラする!なんてことになってしまいますが、実は子どもたちは「あれしたの!?」「これしたの!?」と言われることが嫌いです。嫌なのです。なので聞いていなかったり、素直に受け入れようとしていないのです。

職場でもいませんか?自分の行動に対していちいち声をかけ指摘してくる上司。それと同じように子どもも指摘されるのを嫌がり、うっとおしく思っている可能性があります。仕事でもそうなのですが「一回ぐらいやらせてよ!」なんて指摘してきた上司に思うものです。子どもに対しても、自分と重ねてあげて失敗を経験させてあげてください。

実は子どもは失敗をしたくてウズウズしています。失敗がなくては成長はありません。子どもは自発的に大きくなりたいと思っています。親の人生を生きるのではなく”自分の人生”を生きたいと思っています。

失敗を経験し、たくさんのことに気づき大きな大人になってほしいと親の私は思っています。

子どもに失敗してもらい、自分で気づいてもらいませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。